長いホームページのスクリーンショットを撮る方法 | 三重県名張市のホームページ制作会社エフ・ファクトリー

長いホームページのスクリーンショットを撮る方法

インターネット

前回の記事で、パソコンやスマホの画面内に表示されている内容のスクリーンショットを撮る方法を各OS(Windows 10, Mac OS, Android, iOS)毎に詳しく書きましたが、縦に長いホームページ全体のスクリーンショットが必要だという場合もあると思います。

例えば、弊社のトップページはランディングページとして非常に長い構造になっています。

ホームページ制作会社エフ・ファクトリートップページのスクリーンショットの一部

ホームページ制作会社エフ・ファクトリートップページのスクリーンショットの一部

あまりにも長いページなので、スクリーンショット画像を途中で切ってあります(笑)。

もちろん、その長いホームページを少しずつスクロールしながら何枚も画面を取り込んで、Photoshopなどの画像処理ソフトで繋げる方法もありますが、非常に面倒です。

実は、そんなことをしなくてもボタンひとつで長いウェブページを1枚の画像でスクリーンショットを撮ることができるので、その方法を紹介します。

ウェブブラウザ

みなさんは普段ホームページを閲覧するのにどのブラウザを使っていますか?

スマホの場合、Android端末ならChrome、iPhoneならSafariになりますが、パソコンでは、私はGoogleのChromeをよく使います。

もちろん、仕事柄、いろんなウェブページをChromeだけでなく、Edge、IE、Firefoxなどでも開きますが、Chromeを普段使う理由は、

  1. 動作が軽い
  2. 拡張機能が使える

特に、PCで毎日たくさんのホームページを見ている私にとって、仕事効率を左右するのが「動作の軽さ」です。

Chromeに拡張機能をインストールする

長いホームページのスクリーンショットを撮ることができる拡張機能「FireShot」をインストールしてみましょう。

  1. Chromeウェブストアを開き、左上の検索窓で「fireshot」を開く。
  2. 「+ CHROMEに追加」ボタンをクリック。
Chromeウェブストア

Chromeウェブストア

これでOKです。

そうすると、ChromeにこのようなFireShotのアイコンが追加されます。

FireShotのアイコン

ホームページ全体のスクリーンショットを撮る

スクリーンショットを撮りたいウェブページを開いて、FireShotのアイコンをクリックします。

「ページ全体をキャプチャ>…」

をクリックして保存します。

ここでは説明しませんでしたが、スクリーンショットに文字を入れたり、枠を入れたり、編集してから保存することもできるので試してください。

便利ですね。

私は使ったことはありませんが、FireShotと同じような機能を持った拡張機能に、「Awesome Screenshot」というのもあります。

あなたは現在のホームページの効果に満足していますか?

徹底的にアクセス解析することにより、まだまだ改善できる箇所があるはずです。
まずは無料コンサルティングをうけてみてはどうでしょうか。
すばらしいご提案をする自信があります。

無料相談はこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント