記事公開後すぐに検索エンジンにインデックスさせるWordPressプラグイン「WebSub/PubSubHubbub」 | 三重県名張市のホームページ制作会社エフ・ファクトリー

記事公開後すぐに検索エンジンにインデックスさせるWordPressプラグイン「WebSub/PubSubHubbub」

SEO

  • HOME
  • ブログ
  • SEO
  • 記事公開後すぐに検索エンジンにインデックスさせるWordPressプラグイン「WebSub/PubSubHubbub」

ブログ記事を出来るだけ素早く検索エンジン(Google)にインデックスさせることは、SEO上非常に重要です。

アクセスの流入元を分類する

ホームページへのアクセスの流入元は以下のように大別されます。

  • ブックマークやブラウザのアドレスバーにURLを直接打ち込んで訪問するユーザー(Direct)
  • ブログランキングなどのリンクを辿ってくるユーザー(Referral)
  • FacebookやTwitterなどのSNSから流れてくるユーザー(Social)
  • GoogleやYahoo!の検索結果から訪問するユーザー(Organic Search)
  • 検索結果に表示される広告をクリックしたユーザー(Paid Search)

Direct, Referal, Social, Organic Search, Paid SearchというのはGoogle Analyticsという無料で使えるアクセス解析に出てくる分類に使われる用語です。

Google Analyticsは文字通りGoogle社が提供しているのですが、ホームページを運営しているなら必ず入れるべきです。

非常に高度なアクセス解析を行うことができ、それを元にウェブサイトを改善していきます。

ここでは詳しくは触れませんが、例えば、

「どのようなキーワードで検索して自分のホームページにやってくるのか?」
「どのウェブページのリンクを辿ってきたのか?」
「商品を購入(コンバージョン)したユーザーはどの都道府県が多いのか?」

これはほんのごく一部ですが、このような情報がわかります。

流入元で最も重要なのが、Organic Search(自然検索)です。ここからのアクセスを増やすための施策がSEO(検索エンジン最適化)であり、ホームページ運営者が攻略しなければならない課題です。

記事をコピーされるリスク

自分が書いた記事がそのままではなくても、リライトと称して記事の内容がコピーされてしまうことがあるかもしれません。

そのとき、オリジナルの記事が先に検索エンジンに認識されていれば、何も問題はありません。

コピーされた記事は検索エンジンにインデックスされないか、されたとしても検索順位でオリジナル記事よりも上に来ることはないでしょう。

しかし、このようなケースを考えてみましょう。

あなたが記事を書いた瞬間に悪意を持った他人がその記事をコピー・公開したらどうなるのか?

悪意はなくとも、時事的なニュース記事などの場合、必然的に似たような内容になることもあるでしょう。

この時もし、コピー記事が先に検索エンジンにインデックスされてしまったら・・・

あなたの記事がオリジナルのはずなのに、コピーコンテンツとみなされてインデックスされにくくなってしまうかもしれません。

もちろん、著作権といった法律上の問題は残りますが、このようなことが起こってしまうと目も当てられません。

それを防ぐためには、ブログ記事を書いたらすぐに検索エンジンにクロールさせてインデックス登録させるようにしなければなりません。

WordPressプラグイン「WebSub/PubSubHubbub」をインストール

ここでは仕組みについては説明しませんが、もしあなたがWordPressを使っているのであれば、「WebSub/PubSubHubbub」というプラグインを入れることで解決できます。

WordPress管理画面の「プラグイン」>「新規追加」で「WebSub/PubSubHubbub」と検索して、「今すぐインストール」します。

WebSub/PubSubHubbubをインストール

インストールが完了したら、「有効化」しておきます。

以上です。設定は必要ありません。これだけで、あなたが書いたブログ記事はすぐに検索エンジンにインデックスされるようになります。

その記事がインデックスされたかどうかを調べるには、GoogleやYahoo!の検索窓に、記事のURLをブラウザのアドレスバーからコピペして入力し、検索してみればわかります。

ページがインデックスされているかどうか調べる

記事公開数十分後に調べてみると・・・インデックス登録されていました。

記事のURLで検索しても検索結果に出てこなければインデックスされていないということです。

ページを検索エンジンにインデックスさせる方法として、上記の「WebSub/PubSubHubbub」というWordPressプラグインを使う以外に、Google Search Consoleを使う方法もあるので、WordPressを使っていない場合はそちらで対応するとよいです。

WordPressを使っている場合は両方やっておくとベターです。

Search Consoleを使う方法についてはまた別の記事で詳しく書きます。

あなたは現在のホームページの効果に満足していますか?

徹底的にアクセス解析することにより、まだまだ改善できる箇所があるはずです。
まずは無料コンサルティングをうけてみてはどうでしょうか。
すばらしいご提案をする自信があります。

無料相談はこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント