PhotoshopとLightroomってなんだろう?こんなに変わる!写真編集を楽しもう~その2(実例あり) | 三重県名張市のホームページ制作会社エフ・ファクトリー

PhotoshopとLightroomってなんだろう?こんなに変わる!写真編集を楽しもう~その2(実例あり)

Photoshop

  • HOME
  • ブログ
  • Photoshop
  • PhotoshopとLightroomってなんだろう?こんなに変わる!写真編集を楽しもう~その2(実例あり)

光と影の調節から色味の編集、焦点調節と切り取りまで

前回に引き続き、ようのとしたかです。

いよいよ、実際に編集作業に入っていきましょう。

まず、今日はどんな編集作業になるかというと、こちらの写真を使います。

先ほど手持ちのiphoneで撮影しました。コーヒーを頂いているところですね。

パソコン・ペン・コーヒーカップの写真

そこに、今回の手順を加えると…こうなります、じゃん!

パソコン・ペン・コーヒーカップの写真(編集後)

……。

…いや、わかってます。わかってますよ。

今、あまり おおー!ってならなかったんでしょ。

”南国のどっかの島に来てる風”になると思いましたか。

いいんですよ。僕のセンスとかは…。

今回はこの記事内で、

  • 光加減 (明るさコントラスト)
  • 影加減 (レベル補正/トーンカーブ/露光量)
  • 色味    (自然な彩度)

をPhotoshopを使ってどうやったのかの説明なんですからね!(切実)

手っ取り早くオシャレにしたいならVSCOでも使えば良いんですよ!

(なぜ、僕は読者の皆さまに当たり散らしているんでしょうか)

すいません。

それはさておき、実際には上記の工程に合わせて、

  • 焦点をペンのクリップに絞る
  • 真四角にする

という作業も行ってます。

以下手順です。

  1. まずは光と影を調節しましょう。
  2. 焦点ボカしたいときなど、ここからできます。
  3. 画像の切り抜き。(なんで真四角ってオシャレに見えるんでしょうね)

以上3項目です。(今回の記事は1の部分を説明します)

よろしくお願いします。

  • 画像を開きましょう。

僕は最初戸惑いました。どこからスタートするんだ!?って。

なので、今日はそこから行きますね。

Photoshop CC画像選択画面

まず左手に見える”開く”のボタンから、画像を開きます。

(僕のセンスの無さを許してもらえるなら、コーヒーの画像使ってもいいですよ 照)

ここで突然の注意点1、画面上部の○×をお見逃しなく!

Photoshop CC画像読み込み後 選択箇所

Photoshopで作業をしていると、このような感じで上部に○Xが出てくるんですね。

もしも、「あれ、先に進めないな」と思ったら、パソコンばんばん叩く前に画面上部みてみてくださいね。

(僕は最初、この○Xで何度かつまづきました…みなさんは全然問題ないと思いますが、念のためです。)

  • 明るさ、コントラストなどを調整するためにツールを使用します。

Photoshop CCツール位置

実はですね、このまるで囲った部分。

ここに、写真の編集のためのツールが揃っているんですね。

なーんだ!と思ったでしょ。

Photoshop CCツール及び調整パネル

早速右側パネル内の左上、

明るさコントラスト(赤丸)を押してみてください。

黄色で囲ったパネルが出てきましたか?

これが、調節パネルです!ここでお好みの値をグリグリと調節します。

簡単ですね。

このまま工程を続けていくと、このようになります。

Photoshop CCレイヤー説明

1番下の、写真の上に、段々とエフェクトが重なってますね。

これが、1番下の写真に効果を与えています。

(ちなみに、重ね方の順番などでも効果は変わります)

今回ご紹介したい部分は、この3点。

  • 光加減 (明るさコントラスト)
  • 影加減 (レベル補正/トーンカーブ/露光量)
  • 色味    (自然な彩度)

ですので、先ほどのツールが集まっているところの上段にある5つです。

ぜひ、個別に色々と試してみてください。

あまりやりすぎないというのがコツでしょうか…。

(先の3つは自動補正もありますよ)

トーンカーブなどに興味を持たれたら、ぜひパラメータについても調べてみてくださいね。

※ちなみにRAWファイルという写真データの種類があります。

一部のデジカメなどで撮影が可能で、これは通常のJPEGファイルよりたくさん情報が詰まってます。

その辺は、RAWデータ編集機能に特化しているLightroomでちょこっと簡単にお話ししたいと思います。

話が若干それましたが、先ほどの5つの効果の中ですと『露光量』に注目です。

ここで調節できるパラメーターに「オフセット」という項目があります。

このパラメーターを、同じパネル内の

  • 「露光量」
  • 「ガンマ」

と合わせて調節することによって、フェード効果をつけることができます。

パソコン・ペン・コーヒーカップの写真(比較)

これで、影の部分を柔らかくすることができました。

今日はここまでにしましょうね。少しなれない作業が多かったりしませんでしたか、

ゆっくり目を休めてくださいね。

さて次は、このあとの作業、

  • 「焦点調整」と
  • 「トリミング」ですね。

どうですか、本当にざっくりだったでしょ!?(爆)

それではまた次回!お楽しみに。

あなたは現在のホームページの効果に満足していますか?

徹底的にアクセス解析することにより、まだまだ改善できる箇所があるはずです。
まずは無料コンサルティングをうけてみてはどうでしょうか。
すばらしいご提案をする自信があります。

無料相談はこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント