京都府京都市左京区の国立大学研究室・HPリニューアル・Movable Type導入 | 三重県名張市のホームページ制作会社エフ・ファクトリー

京都府京都市左京区の国立大学研究室・HPリニューアル・Movable Type導入

京都大学・太陽惑星系電磁気学講座様

京都府京都市左京区の国立大学研究室

国立大学の研究室の教授より、研究室のホームページをより信頼感があり、学生が研究内容に興味を持ってくれるような内容にしたいとの相談を受けました。

また、研究室単位でのイベント行事などの写真を随時追加・更新できるようにしたいとのこと。

大学の研究室ではウェブサイトの管理を教授・准教授などのスタッフで行っており、自身の研究・論文執筆や学生の教育、事務的な作業などに忙殺され、なかなか時間が取れないことが多いです。
そういった事情からも、できる限り簡単に情報発信できるような仕組みをCMS(Movable Type)提案させていただきました。

ここでWordPressではなくMovable Typeを選択した理由は、WordPressが動的にページを表示するのに対して、Movable Typeのほうは静的なHTMLファイルを吐き出すところにあります。
今ではサーバーの性能も以前に比べて飛躍的に向上しており、またキャッシュ生成などのソフトウェアの進化の部分においても、WordPressの不利な部分はなくなりつつあります。
しかしながら、大学のホームページでは時期によっては膨大なアクセスが発生することが予想されるため、Movable Typeを選択することをすすめさせていいただきました。

学生やスタッフのプロフィールについては個々にアカウントを発行し、それぞれが画像やプロフィール文などを登録できるように設計してあります。

そしてそれらの更新方法は詳細なマニュアルを作成することにより、スタッフや学生が入れ替わっても問題なく引き継いでいけるようにさせていただきました。

デザイン面では、研究対象である地球から太陽、太陽系の惑星で起こっている現象をわかりやすくイラストにし、ヘッダー画像としました。

ホームページ閲覧の対象者は主に学部生で、京都大学理学部では4年次に各研究室に配属されることになるのですが、その際にホームページを参考にするという意見を大学院生からヒアリングすることによって得ました。

担当教授と頻繁に打ち合わせし、研究室選択の際に、学部生に響くようなコンテンツを作成するよう依頼しました。

その結果、HPリニューアル後、太陽惑星系電磁気学講座は地球物理学分野の中でも配属希望の学生数が多い人気の研究室となりました。

太陽系物理学に興味がある方はこちら

このページの内容があなたの役に立ったら是非、FacebookやTwitterでシェアお願いします。