三重県津市の美術館HPリニューアル・WordPress構築・SEO集客コンサルティング

ルーブル彫刻美術館様

ルーブル彫刻美術館は寶珠山大観音寺の隣の敷地にあります。初代館長の竹川勇次郎さんが、フランス・パリにあるルーヴル美術館に何度も何度も足を運んで世界初の姉妹館として認められることになったそうです。

その世界初のパリ・ルーヴル美術館は日本の三重県津市白山町に建設されました。1987年のことです。

今回、ルーブル彫刻美術館ホームページのリニューアル・SEO対策・集客コンサルティングを受けるまで、私自身、美術館というものに全く興味がありませんでした。

さすがに「ミロのヴィーナス」と言われれば知っていますが、そのヴィーナスがどんな顔をしているのかまではわかりません。

「サモトラケのニケ」が日本のスポーツ・メーカーであるNIKE(ナイキ)のロゴのもとになっていることなんて全く知りもしませんでした。

ということで、まずは美術館に私自身が興味を持つことから取り組みました。ネットで検索して鳥取県の足立美術館など日本の有名な美術館のホームページをひたすら見ました。

その中でも気になった、徳島県にある大塚国際美術館にはデザイナーを連れて実際に見学に行きました。

「たかがホームページを作るのにそこからはじめるのですか?」

と思われるかもしれませんが、私たちがホームページを企画・構築する際には、自分自身のビジネスだと思って進めています。

そもそも代表の私がホームページ制作の事業を始めたきっかけの一つは、自分があまりにも世間知らずであることをもう少し何とかしたいと思ったからです。

一方で私の長所は、自分の好きなことにはとことん突き詰めて食べることも寝ることも忘れて没頭するところです。ひとたび興味を持てばものすごい集中力で取り組めるようになります。集客のアイデアもどんどん浮かんできます。

興味がないことをやっていてもあまり楽しくありませんが、興味があることに取り組んでいるときは、仕事が苦痛に感じることはなく、楽しいです。

ルーブル彫刻美術館ホームページのリニューアルにあたって、スマホ・タブレット表示において最適化するのはもちろん、常時SSLも導入しました。

集客に関しては、観光業ですからSNSの活用は外せません。どうすれば、最小のコストでFacebookページのいいね!をふやせるのか、徹底的に考え抜き、試行錯誤しました。

最近注目されているInstagramにも取り組んでいただくことにしましたが、改めてFacebookの拡散の効果がすごいことに気が付きました。

三重県津市白山町のルーブル彫刻美術館

他のホームページ制作事例を見る

このページの内容があなたの役に立ったら是非、FacebookやTwitterでシェアお願いします。